過払いで債務者に責任がないのはなぜか

過払いに関する問題を解決するときには、債務者は何の責任も取らなくてもよいのが普通です。


なぜ過払いに関する当事者である債務者はこの問題に関して責任を取らなくても良いのでしょうか。


この問題の答えはものすごく単純で、そもそも問題の発生原因は全てお金を貸す貸金業者にあります。

過払い金の有益な情報のご紹介です。

だからこそ、債務者は何も責任を取る必要が無く、すぐにでも返還請求をすることが可能なのです。
過払いは、文字通りの意味で債務者が借りていたお金を超えて貸金業者に対して金銭を返し続けることを意味します。


では、そもそもなぜ債務者は返済する金額に関してこのような誤解をしてしまうのでしょうか。


それは、返済する金額に関してきちんとした利息の計算が行われていないからです。

マイナビニュースに関しての情報が閲覧できます。

きちんとした利息の計算が行われていれば絶対に払いすぎると言う問題は生じませんが、利息の計算に問題があり、過剰に利息を上乗せしている場合には消費者のほうも気づかずにお金を返済し続けてしまいます。



そして、利息の範囲を元金に対して決める決定権を持っているのは貸金業者であっても債務者ではありません。

債務者は、合法的な範囲内で利息が決められていると思って契約を締結するわけですから、利息に関しては責任のとりようがないわけです。このように、元々の問題の原因は貸金業者が勝手に決める利息にあるので債務者が進んで責任を取る必要は無く、簡単に過払い金を取り戻すことができるようになっているわけです。